Permalink

0

MacでTaskchuteを使うには。〜私のTaskchute環境〜

どうもしっくりこない日々

 

IMG 3718

 

なんだか日々、時間に追われている気がしてならない。

 

こういう時は、愚直にタスク管理をして予定通りに身体を動かすのみだ。

 

「考えるな、感じろ!」よろしく、「考えるな、Taskchute通りに動け!」で、現状を打開するしかないわけだ。

 

Taskchuteとは?

 

TaskChute超初心者が初心者になるための連載まとめ

 

「タスクシュート」と読みます。今更僕が言うまでもないという感じのライフハック界隈では有名な凄いツールです。タスク管理の決定版といってもいいでしょう

 

ただ、Excelなんです。

 

だからMacユーザにしてみると、とっつきにくい。

 

MacでTaskchuteを使いこなすには

 

仮想環境にWindowsを入れて動かす方法や、Mac版のExcelで動かす方法がありますね。

 

僕も仮想環境に入れていました。

 

でも、どうもしっくりこない感じが残ったままでした。

 

そんな時に、ひょんな事からWindowsPCをゲット!Windows上でTaskchuteを使用してみると、やはり使いやすいわけです。

 

でも、ゲットしたWindowsPCはネットブックだったのでキーボードも打ちにくいし、そもそも机の上にMacもWindowsもあるっていうのが煩わしい感じでした。どうすればいいのか?

 

リモートデスクトップ接続だ!

 

で、ようやく自分の中での決定版な使い方を見つけました!

 

それが、「リモートデスクトップ接続」です。

 

WindowsPCの電源を付けたまま邪魔にならない場所に置いといて、リモートデスクトップ接続をする。

 

こんな具合です。

 

IMG 0032

 

で、足元に隠したPCにMacから接続します。Mac用のリモートデスクトップはMicrosoftから無料でダウンロードできますよ。このあたりから。

 

スクリーンショット 2013 03 04 2 52 00 AM

 

で、接続してみるとこんな感じ。

 

スクリーンショット 2013 03 04 3 13 40 AM

 

素晴らしい!使い慣れたキーボードとマウスで操作もできるし快適です。

 

IMG 0033 1

 

注意点

 

注意点は以下の2つ。

 

  • IPアドレスを固定する
  • 有線接続にする

 

一つ目はIPアドレスを固定すること。これは家のメインのルータで指定できます。PCの起動の度にIPアドレスが変わると、リモートデスクトップ接続するときにわざわざIPアドレスを調べないといけないから不便です。

 

二つ目は無線LANで接続するのではなく、有線にします。なぜなら速度が全然違うからです。僕も最初は無線にしてましたが、やはり遅い。そこで有線接続にしてみたら、もう快適。

 

以上、私のTaskchute環境でした。

 

MacとWindowsPCを持っていて、Windowsを遊ばせてるって人にはリモートデスクトップ接続はなかなかいい手段だと思います。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Author: kothiba

ながの たいち 1981年9月25日生まれ

Facebook comments

コメントを残す

Required fields are marked *.